top of page

恥をかく


「恥を知れ」なんて叱り方は死滅してしまったのかもしれません。「恥ずかしい思いをしないように」と多くの大人が子供たちに言っている場面をよく見かけます。恥ずかしい思いをしない為に知識を身に付ける勉強、体力をつけるための運動が存在しているのが今かなと思います。

しかしそれよりもっと大切なことは「恥ずかしいことをした!」と思える心を育むことです。「誰かに迷惑をかけてまで自分の為だけに行動してしまった!恥ずかしい!」「生半可な知識をひけらかして真意を理解していなかった!恥ずかしい!」「格好つけようとしてうんちくを話していたら相手が自分よりもっとすごいことを知っていた!恥ずかしい!」そう思えるだけまだ救いがあります。

恥ずかしく思えることがあるから人間は自分の無能を恥じ、成長できるのです。これは大人になってもそうでしょう。恥ずかしい行いをして平然と堂々としている大人を誰が尊敬出来ますでしょうか?いくつになっても恥をかいたと思える心を大切にしていきましょう。

最新記事

すべて表示

令和6年度 うちわまつりのお知らせ

息災を願う うちわまつり ​ー 千里同風 ー この夏も皆様の無病息災を願って、美しい散華型の厄除けうちわ守りを授与いたします 午前8時30分より大雄院本堂にて厄除け法要を行います。ご参加ください。また、3ヶ寺それぞれで特別御朱印を授与させていただきます うちわを仰いで暑気払いしながら厄除けの御利益を受けられて下さい 御朱印授与なく、うちわ守りのみの授与もございます。 今年は7/7の七夕に夜の部も行

Comments


bottom of page