top of page

12月直書き御朱印と書置き禅語朱印のお知らせ

12月の直書き御朱印授与日は12月3日(土)4日(日)です。皆様京都は一層寒くなってまいりました。温かい服装でお越しくださいませ。

成道(じょうどう)

12月8日はお釈迦様がお悟りを開かれた日です。全てのものは移ろい、やがて滅する。頭でわかっていても受け入れることが出来ず悩む方は多いと思います。しかし逃れようのないことです。どんなに愛おしい人でもいつかは亡くなる。どんなに思い入れのある宝物でもいつかは朽ち果てる。皆さんの大切なものが長くそばにあれば当然有難いですが、それよりも大切な事は共に過ごした時間とその中で見つけた気付きではないでしょうか?執着を捨てた先に見えるものを仏教では大切にいたします。

空即是色(くうそくぜしき)

色即是空、空即是色。ありとあらゆるものはいつか無に帰します。永遠などないと言いながら永遠を求めてしまうことは人が生まれてから今まである願望かと思います。煩悩や執着です。限りある命を精一杯生きることが何よりも大切です。

紅炉一点雪(こうろいってんのゆき)

香炉のなかに真っ赤に燃え盛る一片の炭、そこにフワっと舞い降りてきた綺麗な雪が一瞬で消えた、儚いものです。長い目で見れば我々の人生なんてものもこの雪みたく儚いものです。儚いからこそ美しい命を、限りある人生をこの年の瀬に見つめることはとても大切ではないかと思います。






最新記事

すべて表示

令和6年度 うちわまつりのお知らせ

息災を願う うちわまつり ​ー 千里同風 ー この夏も皆様の無病息災を願って、美しい散華型の厄除けうちわ守りを授与いたします 午前8時30分より大雄院本堂にて厄除け法要を行います。ご参加ください。また、3ヶ寺それぞれで特別御朱印を授与させていただきます うちわを仰いで暑気払いしながら厄除けの御利益を受けられて下さい 御朱印授与なく、うちわ守りのみの授与もございます。 今年は7/7の七夕に夜の部も行

Comments


bottom of page