涅槃会

2月5日はお釈迦様がご入滅された日。妙心寺の本山では仏殿に於いて涅槃会を執り行います。

娑羅双樹の下で涅槃に入った際の、頭を北にして西を向き右脇を下にした姿で臥し、周囲に十大弟子を始め諸菩薩、天部や獣畜、虫類などまでが嘆き悲しむさまを描いた仏涅槃図(涅槃図)を掲げ本山塔頭の和尚が法要に参列し皆でお経をあげます。

正にお釈迦様が入滅される前、お弟子さんたちを集めて最後の説法をされたと言われており、このお経は「遺教経」と言い、その時の内容をまとめたものとされています。欲を抑える事、足るを知ること、心を落ち着かせること、勤める事、目的を見失わないこと、瞑想をして悟りの境地を求める事、よく見聞きし、考え真理を自ら証明すること、無駄な話に明け暮れないことを支柱にした最後の言葉「遺経」(遺言)です。

現代の我々の生活はお釈迦様の生きた時代とははるかに違い、便利になり、医学も進歩し、満ち足りすぎた世の中となっています。今こそこの「遺教経」の内容をもう一度一人一人が考え直すべきではないでしょうか。


最新記事

すべて表示

ある和尚2人が言い合いをしている。 「風が吹いとるんだ!」「いやいや幡が揺れ動いとるんだ!」 何を言っているのだろうと見ていた慧能禅師という和尚さんが 「風でも幡でもない。あんたらの心が動いとるんよ」 そう言って去って行く。その言葉に二人の和尚は身震いして恐れおののいた この公案における風と幡は皆さんの実生活において何なのでしょう?そして心とは何なのでしょう? この話と向き合った時、してはいけない