top of page

10月の月例御朱印授与のご案内です



10月3日(土)4日(日)は月例御朱印授与となります。 10月5日は禅宗の祖、達磨大師のご命日にあたり達磨さんの教え一色の御朱印といたしました。

「無功徳」 前漢の第7代皇帝、武帝と達磨大師が交わした問答での達磨大師の一喝。 立派な寺院を建て、多くのお経を写し、多くの僧尼を供養した私にどのような功徳があるか。そう尋ねた武帝に対し達磨大師はただ一言「無い」そう言い放ったこの一喝。 自身がやると決めてしたことに世間体を気にするのか?己が決めて行ったことだろう。功徳など求めてすることではない。時の皇帝に痛快な答えを示しました。 「不立文字」 仏の教えを数多聞くことはありますが、大切なのはその教えを実践し、己の五感で体験し、体得する事。頭でっかちな現代人にも達磨大師は有難い一喝を授けてくださいます。 禅寺にお越しいただくからには少しでも禅の教えに触れていただきたい、10月もそんな御朱印にいたします。

最新記事

すべて表示

八風吹けども動ぜず

有りとあらゆることが身に降りかかることが有り難い。 「鬱になったことはあるか?」たまに言われます。「あるんじゃないですか、だったら何だ?人間の感情なんて振り子みたいなもんですよ。」私なりの考えです。 安心と不安を行き来するし、怒りと喜びを繰り返す。楽しいと思ったら苦しく感じることもある。その振り子がたまに狂った時が鬱なのだろう。 だったら当たり前に皆経験しているじゃないか。自分だけではない、素晴ら

bottom of page