9月の月例御朱印授与のご案内





暑さが少し落ち着く日々が戻ってまいりました。9月5日(土)6日(日)は月例御朱印授与日です。

「此岸から、彼岸の岸の、ご先祖を、拝む心に、仏宿らん」仏教行事の彼岸会とは我々が生きる世界(此岸)からご先祖様のおわす世界(彼岸)に向かい手を合わせご先祖様の恩に感謝する行事です。今生きている我々の命はご先祖様よりいただいたかけがえのない命であることを伝える御朱印になればと思いこの形となりました。

3月に授与する予定でしたが、コロナウイルスの蔓延により中止となったデザインを今回使わしていただきます。秋彼岸と書かれた御朱印もどちらも下手くそながら自身で彫らせていただいたものです。

アクリルシート越し、マスク越しの対応になりますが何卒ご容赦くださいませ。

最新記事

すべて表示

追悼そして今を生きる

阪神・淡路大震災、副住職である私は幼稚園の頃ですが、エアコンがガタガタというよりぐらんぐらん揺れていたことを鮮明に覚えています。 父が多くの和尚様と現地へ炊き出しに向かい、その惨状を幼いながらに聞いたのを覚えています。 現在では見違える復興、傷を抱えながらも今を生きる被災者の方々に我々も教わることが多くあります。 震災で失われた多くの尊い命に手を合わせ、ご冥福をお祈りいたします。 そして形は違えど

オンラインイベントのご案内

緊急事態宣言が出たらどうなるのか?何が変わるのか?私は何も変わらないと思います。経済を回すことと、感染を防ぐことを両輪のように回すのは不可能なのですから。 今の世の中後ろ盾がないと何もできない方が多すぎると思いませんか?このような未曾有の災厄に立ち向かうためには一人一人が心を養わなければなりません。 コロナによって人生が右往左往するなどもってのほか。今生きている中で苦しい方は何かしらかの執着がある

logo1.png

〒616-8035 京都府京都市右京区花園妙心寺町53

TEL 075-461-2898

​© 2019 Youtokuin

logo1.png