top of page

追悼そして今を生きる

阪神・淡路大震災、副住職である私は幼稚園の頃ですが、エアコンがガタガタというよりぐらんぐらん揺れていたことを鮮明に覚えています。

父が多くの和尚様と現地へ炊き出しに向かい、その惨状を幼いながらに聞いたのを覚えています。

現在では見違える復興、傷を抱えながらも今を生きる被災者の方々に我々も教わることが多くあります。

震災で失われた多くの尊い命に手を合わせ、ご冥福をお祈りいたします。

そして形は違えど全世界を取り巻くコロナの猛威に我々も正しく向き合うことをお誓い申し上げます。

最新記事

すべて表示

明けましておめでとうございます。新年のご挨拶が遅くなりまして誠に申し訳ございません。 昨年も皆々様のお陰をもちまして無事の一年となりました。 日本情勢、世界情勢共に不安を抱えたまま新年を迎えたと思われる方が大勢かと存じ上げますが、一歩一歩着実にそれぞれが直面する課題と向き合うことで活路はひらかれると確信しております。 ウクライナで多くの国民の方々が不安に夜を眠れずにおられます。我々も出来ることを精

bottom of page